塾講師の給料はどのくらい貰えるのか

塾講師の収入は大手の塾と中小の塾とでは大きな差があります。

初任給は20~25万円ほどが相場となっており、ここに大手と中小の差はありませんが、

ボーナスの額が大きく違います。

中小ですと年収が250~300万円ほどなのに対して大手ですと初年度で350万円ほどになります。

大手と中小で収入に差があるとはいっても、初任給は20~25万円と比較的高く設定されていますね。

大手では給料の上がり方は安定していますが、中小では給料の上がり方はとてもなだらかな特徴があります。

10年勤務していても月収は30万円ほどしか変わらないという方も珍しくありません。

だからといって収入を上げられない訳ではありません。

生徒の難関校への合格率がアップすれば自身の業績を上げることに繋がります。

さらに塾自体の売り上げが増え、収入が上がるというケースもあります。

そのため、受験は最大のアピールポイントといえます。

そして業績を積み重ねることで、専任講師や主任、教室長などの役職に就くことができれば役職手当がつき、

収入を大幅に増やすことが可能になります。

大手の塾の方が基本的に収入は高いです。

しかし、中小の塾でも生徒からの人気が高く、多くの実績を積むことができれば早くに役職を与えられ、

年収が倍以上になることもあります。

中小の塾で勤め収入をアップさせるためには、沢山の業績を積み、尚且つ人気の講師となることが大切です。