働き方次第で稼げる職業

塾講師という職業は、生徒を希望する学校に入学させるというやりがいのあるものではありますが、

その分責任を伴うため、強い気持ちがないと長く続けることが難しい仕事でもあります。

仕事を続けるモチベーションを高める要素の一つに給料がありますが、

塾講師の場合には34歳で約430万円、37歳で約480万円、

39歳で 約460万円の年収というのがモデルケースであるとされています。

企業で働くサラリーマンの平均給料と比べても概ね同じか、少し高いくらいの金額となっていることから、

塾講師の待遇が決して悪いものではないということが分かるのではないでしょうか。

このように塾講師の平均的な給料は比較的恵まれていますが、

実際には個々人の力量によって受け取ることができる給料は大きく異なってきます。

例えば、大手塾の人気講師ともなると自分で確定申告を行わなければならい年収2,000万円という水準以上をもらうことも不可能ではありません。

そういった講師の待遇が悪ければ、他の塾に簡単に引き抜かれてしまうため、

塾側としても好待遇にせざるを得ないためです。

一方で、それほど生徒数がいない個人塾の場合には、

頑張ってもなかなか給料がアップしないということもありますので、

塾講師として働くにあたってはまず最初に

キャリアプランをしっかりと構築しておくことが重要であると言えるでしょう。