中学受験塾講師の年収は会社選びが大事

やりがいのある職業として名高い「中学受験塾講師」ですが、

その塾講師に就職・転職を考えている人には是非押さえておきたいのが年収事情です。

キャリアアップにおける年収アップも図れるのかどうかも含めて、後述したいと思います。

結論からいうと、年収を大きく伸ばしたい人は「会社選び」を重要視しましょう。

まず、基本的な給与水準は、正社員で塾講師として勤務した場合、

初年度平均月収は27万円前後となっており、

大よそ年収においては350万円前後ということになります。

また5年以上の勤続ですと、年収およそ400万円~450万円前後といわれています。

これは2018年度の平均年収が414万円といわれていますが、比較しても平均相応ということになります。

勤続による昇給は大きく変わらないのも特徴です。

キャリアップによる年収向上においても、役職手当による増加は見込めるものの、

一般企業とさほど差は無いようです。つまり、勤続によっての年収は伸びが緩やか、

キャリアアップでの年収増加も時間が必要となると、先述した通り、最初の年収が決まる、

会社選びがとても大事になってくるという事につながるのです。

極端に大きな年収を狙うのは難しいかもしれませんが、受験に打ち勝とうとしている生徒を導き、

子供たちの成長を通じて自分を磨きたいと考えられる人にとっては、

年収も低すぎることはなく、とても魅力的な職業なのではないでしょうか。